■□■耐久レース2010.8.29(決勝)■□■

TAKASU  K4  SERIES   Round.3  [7時間耐久]

 

8月29日(日) 決勝

天候:晴れ(コンディション Dry)

気温:35度

路面温度:47度

湿度:42%

 

 

 

 

 

~決勝[7時間耐久]~

 

いよいよ決勝となりました!

真夏の7時間耐久レースのスタートです。

 

連日の猛暑による影響で、今回ルールの一部に変更がありました。

通常ならひとりの連続走行時間が90分という規定だったところを、60分に変更。

ドライバーの熱中症対策?のためなのか。。。

とにかく、この変更により、各チーム戦略を大幅に変更する羽目に。。

 

Takeも7人で走行予定だったところを急遽8人体制に変更。

(7人で走ろうと思うと、連続走行時間を超えてしまうため)

 

それでも、計算上ひとりあたりの走行時間は約40分~50分。

 

もちろん車にはクーラーは付いてなく・・・

ドライバー側の窓も開ける事は出来ない。。

走行中の車内はかなりの暑さが予想されます。

日陰になっているピットにいるだけでも暑いのに、動くサウナのような車内は耐えられるのか?!

 

 

レース開始は9時半。

9時20分頃からアナウンスで各車コース上に出るように指示がありました。

スターティンググリッドは前日の予選結果で決まっているので、指示された場所に車を移動させます。

Takeは総合順位11番なのでイン側6列目。

 

今回のスタートもローリングスタートです。

隊列の前にはセーフティーカー。

しかも、セーフティーカーを運転するのはプロドライバーの杉林選手!豪華。。

 

9時半になり、セーフティーカーに先導されながら、隊列を崩さないように1週。

Takeはブレーキパッドもフロントタイヤも新品のため、この1周で出来るだけ熱入れしなければなりません。。。

そして、セーフティーカーが隊列から離れいよいよレーススタートです!!!

 

他のチームは一体どのくらいのペースで走るのか?

給油は何回行う予定なのか?

ドライバー交代はいつするのか・・・??

そんな事も観察しつつレースの流れを見守ります。 

~序盤~

 

スタート直後、混雑するコースの中、接触などのトラブルもなく無事に周回数を重ねる各車両。

最後尾でスタートしたはずのD-ぷろチームは、他のチームをかわしながら、じわじわとTakeに接近。

遅れを挽回するためか、一番速いドライバーが乗ってる模様です。

 

Takeも先を行くHIGASHIDEレーシングチームにしっかりくっついて走っていきます。

 

約40分程経った頃、HIGASHIDEレーシングチームが初のドライバー交代。

 

Takeもその後ドライバー交代。時間は10時25分頃。

気温もぐんぐん上昇し、ますます車内もレースもヒートアップ!

 

このあたりになると、順位はだんだんわからなくなってきます。

0番ピットのテレビに暫定順位とタイムだけでなく、ピット回数も表示されると見やすいんだけどなぁ。

 

そんな中、D-ぷろチームはハンデピットスルーの消化。

ノーマルクラスでハンデピットスルーがあるのはTake、HIGASHIDE、D-ぷろの3台です。

回数はどのチームも2回ずつ。

 

まったくホントの順位がわからないまま、ドライバー交代を済ませ、3人目。

時間は11時20分頃。

 

(ここは自分が走ったので少しドライバー目線で解説を・・・あくまで個人的な感想ですがご了承ください)

 

コースに出ると、やっぱり暑い。

多めにアイスノンをつなぎのポケットに入れてきて寒いくらいだったのに、ちょうどイイ感じをすぐに通り越してしまいました(汗

 

いつもどおりに車を走らせていると、フロントタイヤがいつもと違うせいなのか、路面温度が暑いためなのか、ブレーキ時にリヤがふわっと。。。

進入でそんなに車を傾けていないのにふわっと。。。(汗

気をつけて走らないと・・・と自分に言い聞かせ、ひたすら走る。

 

走っていると後どれくらい時間があるのかとか全くわかりません。

思わず、無線で「後どれくらい?」と確認すると、まだ20分程しか走ってないとの事。

まだまだあるなぁ・・・と思いつつ、走行中に気になった事も報告。

 

実は右回りのコーナーで車が結構ガタガタ揺れたのです。

ん?タイヤ??

まだ3人目なのにいくらなんでもタイヤがヤバイ事はないと思ってみても・・・・気になる。。

なので、少し右回りのコーナーでタイヤに無理がかからないように走ってみる。

大丈夫そうかなぁ。。と思ってると、前にクラスは違うが抜きにくい車が出現。

ブレーキとコーナーまわりではかなり詰めれるのに、ターボ車の為、立ち上がりで離される。

イラっとしたので、ハンデピットスルー消化でストレス解消(チームのみなさんゴメンナサイ) 。

 

個人的にぐだぐだの走りで、ハンデピットスルーも2回使い、しかも新たに徐行速度規定違反によりハンデ追加・・・・。。申し訳なす。

~給油~

 

約40分程走って、ピットイン。

Takeはこの時に1回目の給油を行いました。

停止時間は8分。他のチームも続々と給油し始めます。

 

さて、4人目ドライバーに交代したところで、時間は12時過ぎ。。。

 

この時の順位は1位D-ぷろ、2位HIGASHIDE、3位がTake・・・だったかな??

 

いつの間にか最後尾スタートのD-ぷろがトップとは・・・恐るべし・・・ミラ。

 

今回のレースでも結構走行規則違反があった模様です。

D-ぷろもTakeと同じく徐行速度規定違反、HIGASHIHDEはホワイトラインカット違反。。

気をつけないとね・・・走行規則違反。(私が言える立場ではありませんが・・・汗)

~中盤~

 

5人目のドライバーに交代したのが、暑さピークの13時。

このあたりで、リタイアするチームが出始めます。

コース上では黄旗が振られたりと、暑さのためか車にも相当負担が掛かっている模様。

 

Takeの車両もタイヤを変える準備をし始めます。

レース前から一番心配していたタイヤが最後までもたないと判断したためです。

 

6人目に交代する時に一度ピットへ車を入れて、タイヤ交換の作業を開始。

約4時間走り続けたタイヤの状況は写真のとおりです。ちなみに写真のタイヤは左のフロントタイヤ。今日の朝はピッカピカの新品だったのに!

 

7人目交代時に2回目の給油。。時間は確か15時前。。。

あと2人!無事に完走&表彰台獲得を目指し、チェッカーを目指すのみ!

この頃から少し風も出てきて、暑さもほんのちょっと和らいできた感じ。

 

15時半を回った頃から、各チーム最終ドライバーに交代。

Takeも15時40分頃に最後のドライバーへトゥディを託します。

現在の順位は3位。

かろうじて表彰台圏内です。

 

ガソリンも全く心配なし。タイヤも大丈夫。

後残すはハンデピットスルー1回。

 

~終盤~

 

最終ドライバーが何週か走った頃に、

アナウンスで「規定時間の90%以上を経過したため、これから赤旗が出た場合はその場で競技終了となります!」との放送がありました。

 

・・ということは、今赤旗が出れば、競技が終了してしまう!

ハンデピットスルーを消化していないのに、これはマズイ!

 

って事で、早めにハンデピットスルーを消化してもらおうと、無線を使って、今の状況をドライバーに伝えることに。。。

 

すると。。。。

 

ピット「もしもしー」

 

ドライバー「・・・・・った!」

 

ピット「???もーしもし!聞こえますかー」

 

なんだかドライバーの様子がおかしい。

無線の調子でも悪いのかなーって思っていると、

 

ドライバー「・・・・えった!・・・・・ひっくり返った!!」

 

?!?!?!

 

まさかのドライバーからの報告!

慌ててコースを見渡すと、グリップエンドのコーナーで見慣れたピンクのトゥディが動かない。。

 

しかも・・・・・・・なんだか車の向きがおかしい!

 

 

ピットからは遠くて状況が良くわからないため、とりあえず無線を切り、良く見えるところへ移動・・・。

 

ドライバーは無事なのか??

 

トゥディに一体何が起こったのか??

 

コース上では赤旗が振られ、競技終了のアナウンスが流れます。

オフィシャルがドライバーとトゥディの救出に向かい、それを見守るチームのみんな。

 

しばらくすると、横転した衝撃でフロントやリヤガラスが割れたトゥディとドライバーがコースから戻ってきました。

 

なんとかドライバーは無事な様子。ほっと一安心。。

でも、トゥディは・・・・・・。。。。。

~まさかの結末と3位表彰台~

 

ボロボロのトゥディを囲みながら、ドライバーに話を聞くと、グリップエンドのコーナーを走行中に後ろから来たHIGASHIDEレーシングのトゥディと接触したとの事。

 

コーナーの途中だった事もあり、Takeのトゥディは横に1回転。

 

HIGASHIDEレーシングのトゥディはなんとか自走でピットに帰れた模様。

 

接触した時の状況は当事者同士しかわからない事なので、

ここではあまり詳しく書きませんが。。。

 

トゥディがもう第4戦を走れない事は事実。。

 

思ってもみなかった結末の第3戦でした。

ドライバーが無事だった事は本当に不幸中の幸いです。

 

第3戦・・・Takeはリタイア扱いだと思っていましたが、赤旗中断前の順位で表彰を行うという事で、第3位となりました。

 

優勝できなかった事、最後まで走れなかった事、トゥディが横転してしまった事・・・・。

みんな思う事はそれぞれあるとは思いますが、

第3戦、ほぼフルメンバーで走れて(まさかの結末でビックリもしましたが)とっても楽しかった!!

・・・・と私は思います。

 

悔しい思いももちろんあるので、第4戦に向けて、またチームみんなで頑張りましょう!

 

 

※なが~い文章になってしまった事をお詫び申し上げまする。