■□■耐久レース2010.7.11■□■

TAKASU  K4  SERIES   Round.2  [150miles]

 

天候:雨/曇り(コンディション Wet)

気温:28度

路面温度:29度

湿度:58%

 

 

~フリー走行・予選~

 

TAKASU K4 SERIES Round.2 [150miles] が7月11日(日)に開催されました。

天候はあいにくの雨模様。

 

今回も第1戦と同じく、午前中にフリー走行と予選が行われました。

ガソリンを温存するため、フリー走行は走らず、予選からの出走となりました。

 

予選1回目は10時10分からの開始。

始まる直前まで雨が強く降っていて、路面は完全にウェット。

フリー走行も出走していないため、新調したてのブレーキパッドとタイヤでアタックをかけなければならない状況。。。

しかも、ガソリンの消費を防ぐため、周回数をなるべく少なくしないといけないので、タイヤを温める時間もほとんど取れず。。

 

そんな状況の中、

1回目のベストタイムは1分20秒658!

 

今回ライバルとなるD-ぷろさん、HIGASHIDEレーシングさんと比べてもいい位置につく事が出来ました。

 

予選2回目は11時10分からの開始。

路面状況は1回目と打って変わってほぼDry。

走行ライン以外はWetぎみでしたが、1回目よりは走りやすい状況になりました。

 

そして、2回目のベストタイムは1分17秒384!

 

総合タイムは

2分38秒042でクラス2位!

 

以下、クラスの順位

1位 D-ぷろ 2分37秒296

2位 Take a sweet's 2分38秒042

3位 HIGASHIDEレーシング 2分38秒052

4位 松岡自動車愛好会 2分43秒321

・・・・省略

 

2位と3位の差は0.01秒!!危ない危ない。

 

 

~決勝~

 

第2戦は150milesをトップ車両が走った時点でチェッカーとなります。

第1戦が100milesだったので、距離は1.5倍!

 

今回の勝敗の分かれ目は「給油」でした。

 

今大会の規定によると、レース中の給油は8分間のピットストップ時間が設定されているため、

給油を行うとかなりのロスになります。

 

また、Takeも所属するノーマルクラスの車両は、

全開走行を続けて「給油を行う」レースをするか、ある程度燃費走行をして「給油を行わない」レース展開に持っていくか。。。どちらを選択するかは各チームの戦略次第・・・。

 

Takeでは、「無給油」作戦を行い、

二人目のドライバーまで燃費走行で走りました。

走ってみないと他のチームの戦略や平均ラップタイムがわからないため、他のチームのレース展開もじっくり観察・・・。。。

 

・・・・が、意外と速いペースで周回数を重ねる他チーム。

 

しかも、今回の路面状況はウェットのため、他のチームが「全開走行」なのか「燃費走行」なのか判断がつかず。。。

 

そうしているうちに、クラス2位でスタートしたTakeは表彰台圏外の4位まで後退。

 

じりじりと差を広げられる展開に「燃費走行」で様子をうかがっていたTakeも3人目のドライバーから「全開走行」で走る事に。

 

しかし、思ったより前の車との差が大きく、なかなか順位があがりません。

 

 

最後の希望は

 

「あんなに速いペースでレースをしているのに、給油しないわけがない!」ということ。

 

 

Takeも本戦前までに、今回のレースの燃費計算をしてきました。

結果、「全開で走り続けるのは無理。燃費走行をしてもガソリンぎりぎり」という結論になりました。

 

なので、同じTodayで走るHIGASHIDEレーシングはもちろんのこと、ミラで走るD-ぷろ、松岡自動車愛好会も状況は同じはずなのです。

 

・・・・しかし、給油を行わない他チーム。。。

 

かなり絶望的な状況のまま、ドライバーは4人目に交代。

 

 

この時に、またもやハプニング発生。

 

4人目交代の際に、ピットアウトした1周目のラップ(アウトラップ)で問題が。。。

 

実は、このアウトラップにも規定があり、チームのベストラップ+9秒以上で走らないとペナルティがとられるのです。(理由はピットアウトの際に通るピットロードに30km/hという制限速度があるため)

 

で、アウトラップのタイムはベストラップ+8.5秒・・・。

 

「ベストラップを0.5秒ほど更新しないと、ペナルティとられるよ」

 

大会のオフィシャルさんから言われ、焦るチーム内。

レース中にアタックをかけてベストラップを更新するしかペナルティを逃れられないTake。

 

当然、ピットからの指示は「ベストラップを0.5秒更新して!」という無茶振り(笑

 

路面状況はスタート時と変わらず完全ウェットな上、レース中なのでクリアラップも取りにくい中でしたが、・・・・やってくれました!

 

1分19秒821!!!(ベストラップ更新!)

 

大会オフィシャルからペナルティなしの報告を受けて一安心~。。

 

そんな中、ライバルチームのひとつだったD-ぷろチームが給油ピットに。。

ガソリンが最後まで持たなかった様子です。これで8分のピットストップになるので、

順位は4位まで後退。

 

Takeは自動的に3位になりました。

8分のピットストップはやっぱり大きい。。。。(汗

 

本当なら、この4人目のドライバーでチェッカー予定でしたが、

ひとりあたり60分までしか連続走行できないため、急遽5人目ドライバーに交代。

 

赤旗中断などで、予想以上に時間が伸びた事も影響して、他のチームも同じような状況。

 

このまま3位でチェッカーかぁ・・と思っていると、

2位を走っていた松岡自動車愛好会チームのラップタイムが遅くなり始めました。。

 

ガス欠・・・。。。!

 

思ってもみなかった展開。

Takeは2位に浮上!!!

 

残念ながら1位のHIGASHIDEレーシングチームとは大分差がありましたが、クラス2位でゴール~!!

 

中盤の状況を考えると、今回の順位は・・・・満足!

 

最後までガス欠症状もなく、ドライバー交代も上手くいき、無事に完走できた上での2位でした。

 

同じTodayで走っていたHIGASHIDEレーシングチームに負けてしまった事は少し悔しいですが、それはまた次までの課題ということで。

 

お疲れ様でした。